よくあるご質問Q&A

よくあるご質問一覧

お客様がより便利に快適にご利用いただくため、ご質問やお問い合わせの多い事例をまとめてあります。
掲載されていないその他のご質問があれば、お気軽にお問い合わせください。



マイラボのご利用に関するQ&A

Q マイラボ会員になる利点とは?

A マイラボ会員になると、検査結果をウェブ上ですぐに確認でき、PDFデータとしてダウンロードが可能です。また、年間を通じてのスケジューリングも可能になります。

詳細は【マイラボ会員になると】をご参照ください。


Q マイラボ管理システムを利用したいのですが?

A 事前に会員登録が必要です。利用規約をご確認の上、【新規会員登録】より、仮登録を行ってください。後ほど、弊社より本登録に必要な書類をお送りいたします。


Q マイラボ会員以外は検査ができないのでしょうか?

A 会員登録を行わなくても、検査等は実施可能です。

その際は、マイラボ管理システムは利用できませんので、予めご了承ください。

なお、初めてご依頼いただく場合は、会員登録を行わない場合でもお客様登録が必要となります。事前にご連絡ください。


Q マイラボ管理システムに必要なブラウザ環境をお教えください。

A Internet Explorer 7.0以上またはFire Fox 4.0 以上またはSafari 5.0以上をご利用ください。

ブラウザは、Javaスクリプトの実行とCookieを有効にする必要があります。


Q マイラボ管理システムに必要なソフトウェア環境をお教えください。

A インターネット環境があればご利用でき、専用ソフトウェアのインストール等は必要ありません。

ただし、全ての機能を正しくご利用いただくためには、以下のソフトウェアが必要です。

成績書等のPDFファイルを表示・印刷するには、Adobe Reader®が必要です。


Q マイラボ管理システムのセキュリティ対策はどうなっていますか?

A お客様の検査情報等の機密情報へのアクセスはパスワードで保護し、ウェブサイト全体をSSL証明書にて企業実在性の証明および通信暗号化を確保しております。


マイラボ会員様に関するQ&A

Q マイラボ会員のIDとパスワードを忘れた!

A お問い合わせフォーム】または電話にてお問い合わせください。

お問い合わせフォーム】からお問い合わせいただきましたお客様には、ご登録いただいているアドレスに返信させていただきます。

また、電話でお問い合わせのお客様には、お客様を特定するために簡単なご質問にお答えいただくことになります。予めご了承ください。


Q ログイン中に自動的にログアウトされた!

A 同じIDとパスワードで他のPCから新たにログインした可能性があります。

また、ログイン後、一定時間放置されますと再度ログインを求める設定となっております。これらの場合は、新たにログインしてください。

新たにログインできない場合は、弊社MYスタッフまでお問い合わせください。


Q マイラボ管理システムからのメールが受信できません!

A 【会員基本情報】の画面より、ご登録いただいたメールアドレスに誤りがないか再度ご確認ください。

また、メールアドレスが未入力でないことも併せてご確認ください。

携帯・スマートフォンのアドレスをご登録いただいている場合は、受信許可設定をしていただくようお願いいたします。


Q 昨日まで表示できたPDFファイルが、今日は表示できない!

A Adobe Readerの自動アップデートが起動し、正しく表示されていない可能性があります。

一度、パソコンのスタートメニューからAdobe Reader®を起動し、アップデートを実行するか、またはキャンセルした後、再度マイラボ管理システムのPDFファイルを開いてください。


Q 検査を依頼するには、どうしたらよいですか?

A 検査依頼】の画面から、必要な依頼書を印刷・ダウンロードし、ご記入の上、FAXにてご依頼ください。

詳細は、【検査依頼】の画面中の依頼方法をご参照ください。

また、ご依頼内容および検査条件に指定がある場合や検査についてのご相談を希望する場合は、事前に弊社MYスタッフまで【お問い合わせ】ください。


Q 賞味・消費期限設定のための検査を依頼したい!

A お問い合わせフォーム】またはお電話でご相談ください。

製品の特性や希望設定期間を考慮し、検査内容をご提案させていただきます。既にご依頼内容がお決まりの場合は、FAXにてご依頼ください。


Q 成績書の受け取り方法を教えてほしい!

A マイラボ会員様は、検査完了メールに表示されているURLよりマイラボ管理システムにログインし、成績書を印刷またはダウンロードしてください。

※マイラボ会員様には原則として原本の郵送は行っておりません。ご希望の場合は、都度お問い合わせください。

会員以外のお客様については、成績書を発行次第、FAXにてご連絡の上、原本をゆうメールにてお送りします。


Q 成績書の再発行をしてほしい!

A マイラボ会員のお客様は成績書をいつでも何度でも印刷・ダウンロード可能です。

会員以外のお客様については成績書の再発行は原則1年以内となっております。(別途再発行手数料が必要)


検査全般に関するQ&A

Q 検査を依頼するには、どうしたらよいか?事前に問い合わせる必要があるか?

A ご依頼内容がお決まりであれば、【検査依頼】の画面から、必要な依頼書を印刷・ダウンロードし、ご記入の上、FAXにてご依頼ください。

ご確認メールの返信またはFAXの到着をもちまして、ご予約とさせていただきます。

詳細は、【検査依頼】の画面中の依頼方法をご参照ください。

また、ご依頼内容および検査条件に指定がある場合や検査についてのご相談を希望する場合は、事前に弊社MYスタッフまでお問い合わせください。


Q どのような検査を実施すればよいか、相談に乗ってもらえますか?

A お問い合わせフォーム】または電話にて、お気軽にお問い合わせください。

なお、お電話でのお問い合わせは大変混みあいますので、お急ぎでない場合は、【お問い合わせフォーム】をご利用ください。

後ほど、弊社MYスタッフからご連絡差し上げます。


Q 1回の検査に何gの検体量が必要ですか?

A 検査の種類や項目数により検体の必要量は異なります。

目安として微生物検査は、1項目あたり30~50g程度、理化学分析は、1項目あたり100g以上必要です。

詳しくは、弊社MYスタッフまで【お問い合わせ】ください。


Q 検査料金はいくらかかりますか?

A お気軽に【お問い合わせ】ください。

お見積りを作成し、ご回答させていただきます。

微生物検査については、【検査料金表】をご確認ください。


Q 結果が判るまで、何日ぐらいかかりますか?

A 検査項目により異なりますが、微生物検査で5~10前後、理化学検査で2~3週間程度です。


Q 大至急結果がほしい!

A 微生物検査は至急対応していませんが、結果が判り次第ご連絡を差し上げます。

一部の理化学検査については至急対応が可能な場合もございますが、別途料金が発生致します。詳しくはMYスタッフまで【お問い合わせ】ください。

また、検査開始後の至急対応は出来かねますので、必ずご依頼時にご連絡ください。


Q 検査が終わった検体は、返却可能ですか?

A ご希望が無い限り、検体のご返却はしておりません。

ご返却のご希望がございましたら、ご依頼時にお申し付けください。

なお、ご返却方法は、弊社窓口にてお渡しするか着払いにてお送りします。


Q 宅急便で検体を送る場合に、温度指定はありますか?

A 検体の発送は、原則として冷蔵または冷凍でお願いします。

著しく腐敗した検体での検査はお断りする場合がございます。

なお、微生物検査などで、製造直後の菌数や製造後数時間後の菌数が知りたい場合や理化学検査の一部において、冷凍状態でお送りいただく必要があります。

まずは、弊社MYスタッフまで【お問い合わせ】ください。


Q 検体の持ち込み・発送をしたいが、営業時間と休日を教えてほしい!

A 平日の午前9:00~午後5:00までとなります。

なお、土・日・祝日・夏季休暇、年末年始は、お休みをいただいております。

また、受付も行っておりませんので、ご了承ください。


Q 成績書の受け取り方法を教えてほしい!

A マイラボ会員様は、メールに表示してあるURLからマイラボ管理システムにログインし、成績書を印刷またはまたはダウンロードしてください。

※マイラボ会員様には原則として原本の郵送は行っておりません。ご要望の場合はお問合わせください。

会員以外のお客様は、成績書の発行に伴い、まずはFAXにてご連絡後、原本をゆうメールにてお送りします。


Q 料金の支払い方法を教えてほしい!

A 銀行振り込みもしくは現金のお支払方法がございます。

銀行振り込みでお支払いいただく場合は、事前に登録してあるお客様のお支払い条件に沿った内容で、ご請求させていただきます。

現金でお支払いいただく場合は、窓口にてお支払いいただくか、担当営業が回収に伺います。


Q 成績書の結果を、商品パッケージやリーフレットなどに掲載したいが許可が必要ですか?

A 弊社の名称を使用し、成績書の結果を掲載する場合は、弊社へご連絡をお願いいたします。

なお、弊社の名称を使用せず、自社調べとして掲載する場合は届け出の必要はございません。

詳しくは、弊社MYスタッフまでお問合わせください。


食品微生物検査に関するQ&A

Q 残りの検体で追加検査をお願いしたい!

食品微生物検査のみ、検査日より1ヶ月間検体を保管しておりますので、追加検査は可能です。

ただし、残りの検体量により御受けできない場合がございます。

まずは、弊社MYスタッフへお問い合わせください。


食品保存検査/賞味・消費期限設定検査に関するQ&A

Q 食品保存検査とは、どのような検査ですか?

A お客様の指定する温度帯で一定期間お預かりしたのちに実施する検査です。

新たな賞味・消費期限の設定時や期限後商品の品質劣化度合を評価するために必要な検査です。


Q 検体の保存期間は、どのように決めればよいですか?

A 商品の品質的バラツキを考慮し、品質的に問題のない期間の70~80%程度の日数を賞味・消費期限とすることをお薦めしております。

よって、希望される賞味・消費期限に1.25~1.5を掛けた日数が最終の検査日となります。

その最終検査日までの期間中に、到着日を含め複数回の検査を実施し、菌数の変化を確認していくことになります。


Q 保存温度は指定できますか?

A 常設保存温度帯は、-18℃以下・5・10・25・30・35℃となっております。

この温度帯での保存が可能です。

上記以外での温度帯にて保存をご希望の場合は、事前にお問合わせください。(別途料金が発生します。)


Q 保存料金はいくらかかりますか?

A 基本的に保存料金は頂戴しておりません。

ただし、100日を超える長期保存や常設保存温度帯以外の保存をご希望の場合は、お問合わせください。

※長期保存や常設温度保存帯以外の保存検査を実施する場合、別途料金が発生します。

※保存条件によってはお断りさせていただく場合がございます。

また、長期保存を実施した場合、停電や機器トラブルによって生じた損害は保証することができません。

予めご了承ください。


Q 検体は、どれだけ準備すればよいですか?

A 検査の種類や項目数により検体の必要量は異なります。

目安として微生物検査は、1項目あたり30~50g程度です。

1回の検査に必要な量を算出し、実施する検査回数分だけご用意ください。

※量に係わらず、流通する包装形態のまま評価することをお薦めします。


環境微生物検査に関するQ&A

Q 環境微生物検査とはどんな検査ですか?

A 調理設備・器具や従業員の手指などを専用綿棒で拭取ることにより評価する拭取り検査や、 空中に浮遊する細菌および真菌を評価する空中浮遊菌検査、空中から落下する細菌および真菌を評価する落下菌検査など製造現場の衛生状態を確認する検査です。

検査結果を基に、洗浄方法、殺菌剤の使用方法、器具の保管状況、清掃方法と頻度などを再検討することで、衛生状態の改善が実感しやすい検査です。


Q 環境微生物検査を実施したいが、どうすればよいですか?

A 弊社MYスタッフがご訪問し実施する場合と、弊社から専用キットと機器をお送りしお客様ご自身で実施する場合のどちらかをお選びできます。

まずは、弊社MYスタッフまで【お問い合わせ】ください。

※弊社MYスタッフがご訪問する場合には、別途費用が発生します。予めご了承ください。


食品アレルギー検査に関するQ&A

Q 食品アレルギー検査とは、どんな検査ですか?

A アレルギー物質を含む食品表示には、「表示義務:特定原材料7品目」と「表示推奨:特定原材料に準ずるもの20品目」の2つがあり、これらが検査対象となります。

これらは表示を通じて消費者様へ情報提供することで、アレルギーによる健康被害を未然に防ぐことを目的としています。


Q 最終製品以外にも、検査は可能ですか?

A 原料の管理や洗浄後製造ラインの汚染状態の確認にもご利用いただけます。


Q 検査可能な品目を教えてください!

A 食品衛生法関連法令により定められた

表示義務:特定原材料7品目=卵、乳、小麦、そば、落花生、えび※、かに※。

表示推奨:特定原材料に準ずるもの20品目=大豆、豚肉、鶏肉、牛肉、クルミ、さけ、さば、いか、やまいも、キウイフルーツ、あわび、りんご、バナナ、ごま、カシューナッツ。

以上について実施可能です。

※えび、かには、甲殻類として検査するため、区別はできません。


Q ダブルスクリーニング検査とシングルスクリーニング検査では何が違いますか?

A 厚生労働省の通知法では、スクリーニング検査は2種類以上の検査を組合せ確認することになっているため、

弊社では、ダブルスクリーニング検査をお薦めしております。

また、シングルスクリーニング検査は、自社独自の品質管理の際にご依頼ください。


Q 表示義務7品目(確認検査)のWB法やPCR法は、どんな時に依頼をするのですか?

A 厚生労働省の通知法により、スクリーニング検査で陽性と判断された場合に行う確認検査です。

ダブルスクリーニング検査陽性時にご依頼ください。


異物鑑別・食品クレーム検査に関するQ&A

Q 異物鑑別・カビ同定検査とは、どのような商品が対象となりますか?

A 消費者様からの商品クレームの中で、原因物質が目視にて確認できる場合(固形物やカビ発生など)、または、一般生菌数検査などで菌数が多く、その主たる原因菌を特定したい場合にご依頼ください。


Q 異物鑑別の場合、異物部分のみと商品に付着した状態のどちらで送ればよいか?

A できる限り商品に付着した状態でお送りください。

その場合、鑑別箇所に印を付けるか、鑑別箇所の詳細画像を添付してください。

また、異物部分のみでお送りしていただく場合は、セロテープでの固定は行わず、容器に入れるかラップに包みお送りください。

なお、腐敗した状態での検体は、お断りしております。

発送の際は、冷蔵または冷凍でお送りください。


Q 食品クレーム検査とは、どのような商品が対象となりますか?

A 消費者様からの商品クレームの中で、異味、異臭、膨張など外観からでは原因が判断できず、微生物の増殖が原因であると考えられる場合にご依頼ください。


Q 原因は必ず特定できますか?

A 菌が原因でない場合は、本検査では特定できません。

また、菌が原因であっても、クレーム発生後の検体の保管不良などで、明確な原因の特定が得られないこともございます。

予めご了承ください。


検便に関するQ&A

Q 検便は必ず行わなければいけないのか?

A 学校給食の調理に従事する方は、毎月2回以上、大量調理施設は毎月1回以上検査を行うように定められています。

その他、各自治体や保健所などにより検便が義務付けられている場合がございます。

実施義務がない場合でも、食品取扱従事者は定期的な検査が推奨されています。

また、大量調理施設は10月~3月の間には月に1回以上又は必要に応じてノロウイルス検査に努めることになっています。


Q 検便を依頼する場合は、どうしたらよいですか?

A 依頼書をご記入の上、FAXでご依頼していただくか、直接【お問い合わせ】ください。

弊社MYスタッフから後日ご連絡をさせていただきます。

その際、検査内容、頻度、人数、発送方法など打合せいただきます。


Q 腸内細菌検査の検査内容を教えてください!

A 基本5項目:赤痢菌、サルモネラ、腸チフス、パラチフスA菌、O-157

5項目+EHEC:赤痢菌、サルモネラ、腸チフス、パラチフスA菌、O-157、O-111、O-26

※特に学校給食製造事業者様には、5項目+EHECを推奨します。


Q ノロウイルス検査の検査内容を教えてください!

A ノロウイルス検査には、「大量調理施設衛生管理マニュアル」に掲載されているリアルタイムPCR法という高感度の検査方法を採用しています。(感染拡大や食中毒を予防する際に有効です。)


Q 集めた便を送るまでの保管方法・保管期間を教えてください。

A ノロウイルス検査は、冷蔵又は冷凍による保管をお願いいたします。

また、長期保管せず集まり次第お送りください。


Q 検査結果は、いつ頃までに判りますか?

A 腸内細菌検査は、受付後、7~10日程度とお考えください。

ノロウイルス検査は、受付後、翌日または翌々日(土・日・祝日を除く)とお考えください。


Q 陽性結果が出た場合、至急の連絡はいただけますか?

A 陽性が判明した時点で、お電話、FAX、メールのいずれかで至急ご連絡をさせていただきます。


Q 陽性結果が出た場合、どのような対応を取るべきなのか?

A 該当者様を製造現場および販売業務から外していただいた後、再度検査を行うか医療機関を受診してください。

再検査または治療により感染が否定されれば、現場復帰していただけます。


水質検査に関するQ&A

Q 水質検査の項目に、11項目、26項目、51項目がありますが、その違いを教えてください。

A <11項目とは>

水道水を水源とする場合、食品衛生法において省略不可項目であり、許可申請時および年1回実施すべき項目です。

地下水等を水源とする場合、水道法において省略不可項目であり、月1回実施すべき項目です。

<26項目とは>

地下水を水源とする場合、食品衛生法において許可申請時および年1回実施すべき項目です。

<51項目とは>

地下水を水源とする場合、水道法において年1回実施すべき項目です。


Q 記載のない項目の水質検査も可能ですか?

A その他の記載のない項目についても実施可能です。

事前に弊社まで【お問い合わせ】ください。


Q 水質検査を依頼する場合は、どうしたらよいですか?

A 依頼書をご記入の上、FAXでご依頼していただくか、直接【お問い合わせ】ください。

後日、弊社MYスタッフから採水容器、提携機関の依頼書をお送りします。

採水方法に従って採水し、依頼書に採水場所、採水日時等をご記入の上、指定の送り先にお送りください。


コンサルティングに関するQ&A

Q コンサルティングには、どのような種類がありますか?

A 従業員教育や工程改善などの一般的な食品衛生コンサルティングを幅広く対応しております。

まずは、弊社まで【お問い合わせ】ください。


Q コンサルティングを依頼する場合は、どうしたらよいですか?

A 依頼書をご記入の上、FAXでご依頼していただくか、直接お問い合わせください。

後日、弊社MYスタッフと打合せの上、内容および時期、費用をご提案させていただきます。


防虫対策・プロ清掃に関するQ&A

Q 防虫対策には、どのような種類がありますか?

A 排水管洗浄・超低温殺虫・空間噴霧・防鳥施工など、発生する虫の種類・場所や問題内容により、さまざまな対策をご提案します。

施工業者は、食品関連企業様への実績豊富な専門業者を選定しておりますので、ご安心ください。

まずは、弊社までお問い合わせください。

※対策実施および効果の維持のため、継続した発生虫の定期モニタリングが必要になります。

定期モニタリングの実施についても、併せてご検討ください。


Q ウイルス不活化作業とは、どのような作業ですか?

A 食品製造従事者様内で、ノロウイルスなどのウイルス感染が拡大した場合や、
自社製品に由来するノロウイルスなどのウイルス感染が発生した場合、
薬剤清掃により、製造環境およびトイレ・手洗い場所など、発生源と考えられる箇所のウイルスを撲滅(不活化)する作業です。

作業の効果を検証するため、その効果の検証結果も併せてご報告しますので、対保健所対策としも有効です。


Q プロ清掃とは、どのような作業ですか?

A 日常の清掃作業では出来ない、複雑な箇所や頑固な汚れを徹底的に清掃します。

エアコン分解洗浄、フライヤー・フード清掃、グリストラップ清掃、排水管洗浄など、定期的な実施により、衛生環境の改善、火災防止、防虫対策に有効です。

まずは、弊社までお問い合わせくだい。


Q 防虫対策・プロ清掃を依頼する場合は、どうしたらよいですか?

A 依頼書をご記入の上、FAXでご依頼していただくか、直接お問い合わせください。

後日、弊社MYスタッフと打合せの上、内容および時期、費用をご提案させていただきます。


ログイン

ユーザーID

パスワード

ログイン

異物混入対策商品のご紹介、購入は、ネット通販サイト「フードーム」 異物混入対策とHACCP特集はフードーム
検査項目のご案内